アルカディア帝国の軍事
ようこそ!軍事紹介ページへ!
このページは我が帝国の軍事及び軍事国際関係を説明するページです。
我が帝国は国家の防衛のため独自の軍隊を保有しています。
我が帝国の軍隊の名称はアルカディア帝国騎士軍です。
アルカディア帝国騎士軍は帝都及び周辺領土の防衛と
皇帝及び帝政府の重要人物の護衛を担当しています。
アルカディア帝国騎士軍は国防省の管理下にあり。
皇帝が国軍の統帥権を有しています。
アルカディア帝国騎士軍は小規模な軍隊であり。
兵員は約10名程度です。
我が帝国が中心国家として加盟してるミクロネーション国家連合は
現在東ドイツの残党と戦争状態にあるモロッシア共和国を支援するため。
ほとんどの加盟国は東ドイツの残党に宣戦を布告しました。
我が帝国も同様東ドイツに宣戦を布告しました。
そして2015年<帝暦2年>5月9日に我が帝国は東ドイツの主権を吸収する事を
宣言し勝利と終戦を宣言した。
そして2015年2月に我が帝国が結成したミクロネーション軍事同盟はイスラム国に
宣戦を布告しており彼らを監視しています。加盟国は我が国を合わせて2ヵ国。
そして加盟するか検討してる国家が2ヵ国。そして我が軍事同盟は
ある強大な組織との同盟を考えています。その組織の名称は国家機密。