アルカディア帝国の法律一覧

アルカディア帝室法

前文。 この法律は我が帝国の帝室の絶対的な法が記されている。 第一条。我が帝国の帝室は男子世襲制である。 第二条。我が帝国の帝位継承者はマルティン帝家の長男に限る。 第三条。万が一マルティン帝家の長男が死亡した場合は次男に帝位継承権が与えられる。 第四条。我が帝国の帝位継承者は必ずカトリック教徒じゃなければならない。 第五条。帝位継承者が異教徒と結婚した場合は帝位継承権が削除される。 第六条。皇帝は新たな継承者を得るためカトリック教徒の女性と結婚しないといけない。 第七条。マルティン帝家の当主は各属州の総督家及び自治公国の公爵家と会談及び帝国領土の行政を管理する。 第八条。帝位継承者が不足な場合は帝家は解体され帝政は終了し各属州には自由な独立を認める。

属州統治法

前文 この法律は我が帝国の属州及び属州民の統治法が記されている。 第一条。我が帝国の国外領土及び海外領土を属州と記す。 第二条。我が帝国の属州民は民族、宗教、人種、文化、言語、関係なく平等であることを保障する。 第三条。属州民はアルカディア帝国憲法及び法律に従う義務を持つ。 第四条。属州民は出身国及びアルカディア帝国の歴史を学ぶ義務を持つ。 第五条。我が帝国の属州の代表者を属州総督に任命する。 第六条。我が帝国の各属州には中央政府から自治権が与えられる。だが独立は認められない。 第七条。属州総督はアルカディア帝国の法に従い自治法を作り自属州の自治を行う。 第八条。我が帝国に高く貢献した属州の総督家の家系には皇帝から貴族に任命されその当主に公爵位が与えられ自属州は自治公国に昇格     され高度な自治権が政府から与えられ公爵が公国を治める。

アルカディア領内一族区別法。

前文。 この法律は我が帝国の領内のアルカディア一族と他一族を区別するための法律である。 第一条。我が帝国の領内のアルカディア一族には政府から一等アルカディア人の帝国身分が与えられる。 第二条。我が帝国の領内の他一族には政府から二等アルカディア人の帝国身分が与えられる。 第三条。我が帝国の一等アルカディア人と二等アルカディア人は平等な帝国臣民の権利を有する。 第四条。二等アルカディア人が一等アルカディア人と結婚した場合は二等アルカディア人には政府から証明書と共に一等アルカディア人の     帝国身分が与えられる。

帝国爵位授与法。

前文。 この法律は我が帝国に名誉な行いをした帝国臣民に与えられる爵位についての説明が法として定めたものである。 第一条。我が帝国の爵位の種類を男爵、伯爵、公爵と定める。 第二条。男爵は名誉な行いをした二等帝国臣民に与えられる爵位である。 第三条。伯爵は名誉な行いをした一等帝国臣民の政府関係者に与えられる爵位である。 第四条。公爵は属州統治法第八条と同様に帝国に高く貢献した総督家の当主に与えられる爵位である。 第五条。これらの爵位は皇帝によって与えられる地位である。